カテゴリー「友人知人」の53件の記事

2015年6月30日 (火)

エミリー来たる

020822seatelle0073

エミリーが遊びに来てくれました。あ、純粋な日本人です。私達はECCの英会話教室で知り合い、お互いを英語名で呼び合っていました。ちなみにMくんは「マイク」、私は「アイリス」です(きゃー恥ずかしい)。エミリーは私達より二十歳ぐらい年下ですが、当時のECCのクラスメートはみんな仲良しで、彼女達とはシアトルで一緒に遊んだことがあり、「マウント・レーニエの雪渓歩きましたね~」、「キングドームでランディ・ジョンソンの勝ち試合観ましたね~」、「当時一軒しかなかったスターバックスコーヒーに行きましたね~」と、思い出話に花が咲きました。花のOLだった彼女も、結婚して、今は高校生の母親になっています。そして、幼稚園で英語を教えたりしているとか。いろいろな意味で楽しく役に立つECCでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月26日 (金)

水谷さん来たる

Img_7587

逗子の「ポンタベン」のオーナー水谷さんが、お仲間二人を連れて遊びに来てくれました。
お店のブログhttp://pontaven.exblog.jp/
お店の中で編み物など、ちょっとしたクラフト教室を開いているようです。
詳しくはブログをご覧ください。

皆さんでワイワイと買い物をしてくださり、それから「バルケッタ」にイタリアンのランチを食べに行きました。写真は最後に頼んだ可愛いデザート。
楽しい訪問でした。水谷さん、ありがとう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月19日 (金)

友人来る

ピアノの先生をしている友人が訪ねてくれた。今回は発表会の引き出物の相談と、お出かけ用の服をひと揃い調達。チュニックとパンツとカットソー、それにリネンのスカーフを合わせて、夏らしい装いになった。
彼女とは、独身時代に英会話教室で知り合って、それから40年近くの付き合いだ。旦那氏は作曲家で、全国を飛び回っている。かつて彼ら夫妻と坊ちゃん、私達、それに親友のY子ちゃんと5人で、シアトルの家で10日間ほど過ごしたことがある。「くるみ割り人形」のバレエを観に行ったり、ジャズのライブに行ったり、電子ピアノを購入して彼がどこぞの大学の校歌を作曲したり、坊やがレコード店の非常ベルを鳴らして大騒ぎになったり、Y子ちゃんがパスポートとチェックと現金が入った財布を当時1軒しかなかったスターバックスコーヒーに置き忘れてしまったり(幸い店で預かってくれていた)、盛り沢山の楽しい道中だったけれど、何より印象深いのは、料理好きの旦那氏が、毎日の食事を作ってくれたこと。材料や調味料の組み合わせ、調理法など自分で考えて創り出し、近所の住人を呼んでバーベキューパーティーまでした。なんだか夢のような10日間だった。
そんな私達も初老にさしかかり、相変わらず元気で仕事を続けている。誰かの人生をお互いに少しずつ共有して、友達付き合いって面白いなと思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 5日 (金)

ECC仲間と飲み会

Dsc_2584

ECCの英会話クラスの仲間達と久しぶりの飲み会。我が夫婦が最年長で30代、他のメンバーは20代だった頃から付き合いが続いている。熱心なクラスで、その後海外で仕事をしていた(る)メンバーも多く、当時は遊びにも熱心だった。あれから20年以上経って、髪も白くなったり薄くなったりしたけれど、集まるとなんだか楽しい。これからも時々会おうね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

久しぶり!

P1010111

Kくん夫妻が子供達を連れて遊びに来てくれた。この写真から10年近く経って、写真のももちゃんは14才に、次女のはなちゃんは7才になっている。子供が大きくなるのはあっという間ですね。
Kくん夫婦と会うのは数年ぶりだけれど、ちっとも変わらず元気な様子。子供達はしとやかなレディになっていて、ニコニコと可愛い。みんなでお好み焼きをして、おしゃべりをして、楽しい時を過ごした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日)

ミニ同窓会

小学校時代の友人が9人集まってミニ同窓会を開いた。比較的よく会う6人のほかに、35年ぶり(20代独身時代に一度同窓会をしている)の友人もいて、どんなに変わっているだろうと思っていたら、全然変わっていなかった。外見こそ年なりだけれど、お互いの中に小学生だった頃を見てしまうからだろう。小3から小6までクラス替えがなかったので、4年間一緒に過ごして気心が知れている。社会に出る前の姿を知って(知られて)いると、今さら気取ってもねえ…という感じで、素のままで付き合える。今度はクラス全体のちゃんとした同窓会をやろうね、と約束して、手筈などを考えながら帰ってきた。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月22日 (土)

音楽映画研究会

Theeddyduchinstory1956

Y子ちゃんが22日なら休める(彼女は平日と週末と二つの仕事を掛け持ちしている)と言うので、「何して遊ぼうか」といろいろ検索。当初都内か横浜あたりでと考えていたのだけれど、なかなか適当なコンサートなど見つからず、地元で調べたら、鎌倉の川喜多記念館 と藤沢の市民ホールで映画が観られるのを発見し、市民ホールの洋画のほうを選んだ。
自宅でランチをして、市民ホールに移動すると、平均70代とおぼしき人々で賑わっている。公演案内には「前半は映画にまつわる曲を演奏。休憩をはさみ、後半は映画を上映します。」と書いてあったのだけれど、なぜかソプラノ曾根順子さんの歌は映画とは違う曲目(歌自体は素敵でした)。後半の映画は1956年の「愛情物語」。ピアニスト、エディ・デューチンの生涯をタイロン・パワーとキム・ノヴァクが演じている。小さなスクリーンに古い映画だけれど、さすがの往年のハリウッド映画に惹き込まれた。吹き替えのピアノ演奏はカーメン・キャバレロが担当していて、これが実に素晴らしい。
帰りにパイニイで買い物をして、Y子ちゃんを茅ヶ崎の実家まで送っていく。街はクリスマスのイルミネーションに彩られ、気分も華やいで、楽しい休日でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

ランチと麻雀と夕ご飯

Img_0123

写真は、Yちゃんの家に向かう途中の並木道。海軍道路という名前が付いています。

「小樽でラム肉買ってきたからジンギスカンやろうよ」とお声がかかった。大喜びでYちゃん宅に向かう。この夫婦二組の食卓にジンギスカンは頻繁に登場するのだけれど、特に今回は本場北海道の味。どんな味かな…と楽しみにしていたら、やはり美味しかった。こちらでジンギスカンをしようと思うと高級なラム肉しか手に入らないのだけれど、本当はマトンの雑肉のほうが美味しい。今回のお土産はラムだったけれど、味付けが本格的で、これがなかなか。
そのあと麻雀を2回ほどして、豚汁のお夕飯をご馳走になり、タラバガニとジンギスカン肉とイクラを貰って帰ってきた。グルメ三昧、ごちそうさま。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

バースデイディナー

Dscf5659 Dscf5665

本日予定していた新年会が、皆の都合が付かずお流れに。それならと、Y子ちゃんのバースディディナーを企画した。どこかいい所はないかと探していたら、夜景が見えるイタリアンレストランを「一休.com」で見つけた。なになに、飲み放題コースですって?

イルピノーロ レヴィータ 横浜
http://www.il-pinolo.com/il-pinolo-levita/yokohama/
http://restaurant.ikyu.com/rsDatas/rsData100500/r100318/r100318v.htm

マルゲリータのピザ、菜の花とアサリのスパゲティ、真鯛のソテーの三品にワイン・ビールなどが飲み放題。お料理が美味しい上にフリーのドリンクも手を抜かず、接客もていねいで大満足。久しぶりのY子ちゃんに喜んでもらえて、嬉しい一夜でした。

左:思いがけず用意されていたお祝いのプレートを持ってニコリ
右:横浜ベイクォーター、ここからシーバスが出発します。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

王女さまになりました

Dscf5455 Dsc_7275r_2 Dscf5456

今日は王女さまなので王冠をかぶっています。

というのは、今日はアンの部屋の新年OB会で、逗子の水谷さんが「ガレット・デ・ロワ」を焼いて来てくれ(写真左)、私が頂いたピースの中からフェーブという小さな陶器のミニチュアが出てきて(写真中)、めでたく私が王女さまになったという次第。
ガレット・デ・ロワとはフランスの新年を祝うお菓子のことで、中にフェーブを1個入れ、それが当たった人は王冠をかぶり、皆に祝福され、幸福が1年間続くのだとか。うれしい♪

| コメント (0) | トラックバック (0)