カテゴリー「仕事」の111件の記事

2018年12月11日 (火)

この頃のこと

Dsc_5863

昨年末に「アンの部屋」をセミリタイアしました。「私の部屋」として鎌倉に開店したのが1974年でしたから、44年間走り続けていたことになります。二十歳だった私が今ではシニアの仲間入りをするようになりました。せめて70歳まで、できればいつまでも走り続けていたいと思っていたのですが、自分の体力や母親の介護のことなどもあり、スタッフにバトンを渡すことにしました。2017年の冬物まで私が企画し、年末に大好きな福袋作りをして、走り続けることをやめました。今年からは月曜日と金曜日に出勤して、写真を撮ったり、TOPベージをMくんと一緒に更新したりして、ゆっくり歩いています。

私がものづくりを始めたのは、1978年頃のことです。1970年代の前半には、雑貨屋さんなどという概念は一般的ではありませんでしたが、団塊の世代の人達を中心に、今までにないものを自分達の手で作り、自分達で販売しようという熱気が世の中にあふれていました。中でも吉祥寺や鎌倉などは「手作りのものを売るお店」のメッカとなり、魅力的な小さな店が、路地のあちこちにありました。高校性の私にとっては、原宿表参道や横浜元町は外国のような憧れの地でしたが、鎌倉は、兄姉世代の人達が個性的な店を開き、品のいい素敵な人達の住む、”すぐそこにある”憧れの街でした。
高校を出て、音大受験のため浪人していた私は、その頃お気に入りだった雑誌「私の部屋」の中にフランチャイズ店募集の一文を見つけ、こんなお店だったらやってみたいと思い、母を焚きつけ、鎌倉に「私の部屋」のフランチャイズ店をオープンしました。1974年3月21日のことでした。「私の部屋」は独自のポリシーを持ったお店で、そこで多くのことを学びましたが、店に入ってきてくれた人が笑顔になって出て行ってくれること、商品を売るのではなくライフスタイルを売ることなど、今のアンの部屋にも受け継がれていることがたくさんあります。私は、自分がいいと思ったものに共感してくださる方が沢山いることに驚き、それが大きな喜びにもなりました。
「私の部屋」は雑誌社の経営で、知的な側面があり、初代社長は仏文学者でした。お店の中には北欧IKEAの家具(その頃は直輸入でした)やスウェーデンハウス、風見鶏や燻製鍋、ほうろうの水切りや小樽の吹きガラス、ポットカバーやランチョンマットなど、70年代に暮らす普通の人は見たこともないようなハイカラなものがあふれ、「ここは何屋さんですか?」と毎日のように聞かれました。"雑貨屋さん"という概念がない時代です。
そんな雑貨屋さんを何年間か続けていくうちに、私は「何か作りたい」「布のものがほしい」と思うようになりました。手染め木綿の普段着、お出かけ用のアウターではない暮らしの中で着る服、フリーサイズでフリーエイジで、ざぶざぶ洗えて毎日着られる服。手頃な価格なのにカッコいい、そういう生活着を作りたい。それは、その頃出会ったMくんの影響でもあります。

あ、なんだか語りたくなってしまったぞ。また続きを書きます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月26日 (金)

カタログ作業

Catalog

数日前からかかりきりになっていたカタログ製作作業が終わりました。これに取り掛かると、他の作業が止まってしまいます。「写真を撮る」「写真を加工してeショップに載せる」「カタログを作る」の作業をするのが私一人なので、写真を撮っていればeショップが止まる、eショップに掲載中は次の写真が撮れない、カタログを作っていれば夜までその作業に集中しているので、ブログの更新も出来なくなってしまいます。
というわけで、やっとカタログ製作が終わり、ブログの更新も出来るようになりました。今度のカタログには新作の服の他に、夏のストール、タオルハンカチ、帽子、カゴ、靴、日よけ手袋、雨傘と日傘のページが6ページあります。全部で48マス分の写真を撮りました(数えてみたら1050枚撮ってました)。あーしんどかった(笑)。カタログは無料でお届けしていますので、興味のある方はお申し込みくださいね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

平日は曇りが好き

Dsc_0664

アトリエに出社して曇り空だと、「ラッキー!」と思ってしまう。曇りの日は写真が撮りやすいのだ。室内と外光とのコントラストが弱いので、隅々までよく写る。本日撮った上の写真には、窓の外の緑が写りこんで、よくよく見ると道路を歩いている人まで写っている。これが晴れた日だと、窓の外は真っ白に飛び、室内の服も窓に近い部分は写らない。できれば雨降りではなくて、日が照りながら雲の厚い日がうれしい…なんて勝手なことを言ってすみません。曇り空の日には写真をたくさん撮ります。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

BGMを代えてみました

Dsc_3328

音楽のインターネット配信というのがあるのを知り、鵠沼店のBGMを有線放送からこれに代えてみました。有線ではなかなか好みの音楽が見つからなかったのですが、こちらにはアパレルショップ向きなどというくくりがあり、北欧音楽やボサノバ、ジャズやクラシックなども詳細に選べるのです。
以前使っていたiPhone4sに、専用の充電スピーカーをヤフオクで見つけ、セットしたのが上の写真。なかなかスタイリッシュです。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

クリスマスの灯り

Dsc_6652r Dsc_6657rjpg Dsc_6680r

夕刻、日が落ちてから、クリスマスの飾り付けをした「アンの部屋」を外から見てみたら、なかなか素敵なので、スタッフの皆できゃあきゃあと喜びました。今年、15年ぶりに外壁の塗り替えをして、Mくんがステンドグラスを直したのが、功を奏したようです。
建物からもれる灯りって、暖かくていいですね。

Dsc_6683r Dsc_6633r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

冬のニット

Dsc_3715

カタログのための写真を撮っている。ニットの帽子や手袋の写真を撮り始めると、ああ、冬だなあと思う。毛糸で編んだものはほんとうにかわいい。写真を撮りながら、子供の頃編んでもらったセーターやうさぎのぬいぐるみ、ハンパ糸を編みこんだ手袋や靴下を思い出す。伯母が楽しそうな顔をして編んでいたっけ。一本の毛糸がさまざまな形になって、陽だまりにぬくもりを運んでくる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月12日 (火)

おつかれさま!

Dsc_8404

本部のティールームでスタッフの納涼会を開きました。シクロからベトナム料理のケータリングを取り、出しものはMくんの特製お好み焼き。30年来のスタッフから今年加わったスタッフまで、新旧取り混ぜて12名でカンパーイ!夏の宵をワイワイと楽しく過ごしました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月24日 (木)

タムロンとニコン、2本の大口径レンズ

Dsc_3694

写真はニコンのD7100にタムロンの17-50mmF2.8 を着けたもの。eショップの写真のメイン画像は、ほとんどこの組み合わせで撮っています。ズームしてもずっとF2.8のままなので(普通はズームすると暗くなります)、明るい写真が撮れ、夕方薄暗くなっても撮影できるのでこのレンズを選びました。
サブは同じくニコンのD5100に18-135mm のレンズを着けたもの。素材のアップ画像を主に撮っています。レース刺繍や精細な花柄プリント、ピンタックやレースなどにピントが合うと、ピピッと音がしてうれしいのだけれど、ギンガムやストライプはちょっと苦手(レンズのせいではないけれど)。広域をカバーしてくれるので、旅行に行く時にはD40に着けて持ち出したりもします。
どちらも口径67mmの仲良しレンズ。よく働いてくれています。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

鵠沼店の看板

Kanban

工事用のテントで覆われた鵠沼店。店内が表の道路から見にくくなってしまったので、Mくんに看板を描いてもらった。駅の方向から歩いて来ると女の子のアイコン、反対側は男の子の看板。可愛いでしょ。
屋根の修理が終わり、壁のチョコレート色、屋根のチャコールが塗り終わったところ。これから窓枠をアイボリーに塗り、板塀を修理して…と楽しみにしていたら、梅雨に入ってしまった。なかなかテントは取れそうにないけれど、看板を頼りに覗きにいらしてくださいね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月31日 (土)

雑貨ショップの歴史

面白いサイトを見つけた。
「雑貨ショップの歴史」
http://www.life-c.jp/z-history/z-history.html

私がよく知っているのは1970年の「anan」の創刊から、1987年の「雑貨カタログ」創刊あたりまで。17才から34才までは、カンペキに”中の人”だったな…と思う。どのお店の名前を見ても、ざわざわと胸が騒ぐ。「Hanako」が創刊された頃から、雑貨ショップが一般的になり、ドアを開ける小さなときめきが失われていった(自分比です)。情報量がもたらす功罪か…。
ご興味のある方は読んでみてください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧