« 鵠沼店の花壇 | トップページ | 七夕に生まれて »

2016年6月29日 (水)

東京オリンピックから万博の間に

この曲を聴いたら、懐かしく思い出しました。
団塊世代の兄を持つ私は、この曲をはじめとする一連のジャズ、もちろんビートルズ、そして恥ずかしながらグループサウンズの音楽を聴きながら中学生時代を過ごしました。「Anne Books(赤毛のアン+続編/10巻)」が愛読書だった夢見る北海道の2年間から、都心まで1時間の海辺の街へ戻ってきて、美大生の兄から新しい文化の嵐を浴び、毎日が驚きだったあの頃の空気が、このTake5のメロディを聴いた途端によみがえります。東京オリンピックから大阪万博までの6年間は、成長し続ける日本と自分がリンクして、思い出すと胸苦しくなるような時代でありました。

« 鵠沼店の花壇 | トップページ | 七夕に生まれて »

コメント

緑さま
書き込みありがとうございます。
Jazzの曲ってリズムが独特で難しいですね。
そういえばこのTake5の曲、ブラスバンドで練習したことがあるような気がします。
ハイカラな家庭というほどでもないけれど、
父親が船乗りで留守のことが多く、
浮世離れした伯母と母に育てられたので、
ちょっと変わった育ちなのかもしれませんね。

投稿: マリベル | 2016年8月19日 (金) 09:46

私なぞjazzを聴くことに慣れてなくて楽器演奏(拙いです)でjazzの曲が練習曲になると完成せず終わったことが何度か…
編妻様のようなハイカラなご家庭、素敵ですね。

投稿: 緑 | 2016年8月13日 (土) 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71226/63843701

この記事へのトラックバック一覧です: 東京オリンピックから万博の間に:

« 鵠沼店の花壇 | トップページ | 七夕に生まれて »